トップ 本部事業メタボリックシンドロームとは
COPDとは

労働省作業関連疾患総合対策研究班の調査(2001)より

 メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)とは、お腹周りに溜まった内臓脂肪が元になって(内臓脂肪型肥満)、高血圧、高血糖、脂質異常の動脈硬化リスクがいくつか重なった状態です。重なったリスクの数が多いほど心筋梗塞や脳卒中の発症率が高まるため、平成20年4月から40〜74歳を対象に、メタボリックシンドロームに着目した新たな特定健診・保健指導が始まりました。

 一定以上の腹囲に加えて、追加リスク(高血糖、脂質異常、高血圧)が2つ以上の場合はメタボリックシンドローム該当、1つのときは予備群と判定し、食事や運動、喫煙等の生活習慣を見直すために、健診を受けた方全員が必要性に応じて情報提供、動機づけ支援、積極的支援のいずれかを受けられるようになっています。

何気ないいつもの生活習慣が仇になる?!

内臓脂肪から分泌するホルモンが悪さをして代謝をくるわせ、高血糖や脂質異常、高血圧が重なって起ってくるメタボリックシンドロームは、運動不足や過食・飽食、喫煙が大きな原因となっています。

ページの先頭へ戻る
ご案内が来たら必ず保健指導を受けましょう

 特定健診・保健指導は、あなたが加入する医療保険(市町村国保、国保組合、健保組合、共済組合、政管健保)に実施義務が課せられています。健診・保健指導の実施率やメタボリックシンドロームの改善率が低いと、高齢者医療費の負担が重くなるしくみとなっているため、保健指導を受けないでいると、あなたの脳卒中や心筋梗塞を起こす危険性が高まるばかりでなく、納める保険料も高くなっていく心配があります。
 この保健指導をきっかけに、ぜひご自分の生活習慣を見直すようにしてください。

特定健診・保健指導を知る動画像

もっと詳しく知りたい! 政府広報オンライン

ページの先頭へ戻る
トップ 本部事業メタボリックシンドロームとは