トップ 事業概要技術支援(研修・相談)事業
研修事業
技術支援事業(研修・相談)
疾病対策では、新しい技術開発や社会啓発とともに技術支援(研修・相談)が必要となります。結核に関しては国内唯一の人材育成機関として、1939(昭和14)年の創設以来、結核研究所が保健所や医療機関に勤務する結核対策従事者の育成に取り組み、所内研修修了生は延べ10万人を越えています。また、1963(昭和38)年からは各国から研修生を受け入れ、現在、その数は97ヵ国2,237名(2014年5月現在)におよび、修了者はそれぞれの出身国あるいはWHO等の国際機関で活躍を続けています。また,毎年3月には,国際結核セミナー,全国結核対策推進会議,世界結核デー記念セミナーを開催している他,公衆衛生学会の際には自由集会の開催や展示ブースの開設によって新しい情報の普及に努めています。また,医療機関,自治体,保健所等から年間1000件を超える結核に関する質問・相談を受けている他,要望に応じて職員を研修会の講師や対策会議の助言者として派遣している。一方、2008(平成20)年度から始まった特定健診・保健指導を担う医師・保健師・管理栄養士等の育成にも力を注いでいます。
国内研修のご案内
医学科研修(3コース)
 

医師を対象として、結核の臨床と結核対策に必要な知識の習得を目的に開催いたします。

放射線科研修
 

放射線技師を対象として、結核の臨床と結核対策に必要な知識の習得を目的に開催いたします。

保健看護学科研修
 

保健師・看護師等を対象に、接触者健診の技術強化ならびに地域服薬支援体制の充実を図り、治療完遂をめざします。

臨床(衛生)検査技師研修
 

抗酸菌塗抹、培養、同定、薬剤感受性、核酸増幅の各検査法等を学び検査精度の向上を図ります。

結核行政担当者研修
 

結核対策の基礎的な内容を学んでいただきながら、行政事務担当者としての視野の拡大と意識の向上を図ります。

結核対策指導者養成研修
 

地方自治体等において指導的な役割を果たせる専門家の育成をめざすもので、対象者は国及び結核研究所が選考します。


   具体的な研究内容等については,結核研究所の研修案内のページをご参照ください。
   結核研究所のホームページはこちらからご覧になれます。
ページの先頭へ戻る
国際研修のご案内
ストップ結核アクション研修
 

結核高蔓延国の結核対策に従事する医師等を対象としておよそ3ヶ月間(5月中旬より7月下旬)にわたり実施してい ます。内容は結核対策に関する疫学、診断、治療、その他結核対策に係る社会学等、各論を網羅します。また、それぞれの結核対策プログラムを改善するためのオペレーショナル研究計画や活動計画を立案し、帰国後にこれを実施することを期待しています。

多剤耐性結核及びHIV合併結核対策のための結核菌検査コース
 

多剤耐性結核及びHIV合併結核対策のための結核菌検査コース    結核高蔓延国の結核菌検査に従事する指導的技術者を対象としておよそ2ヶ月半(9月下旬より12月上旬)にわたり 実施しています。喀痰塗抹検査、結核菌培養検査、及び薬剤感受性検査を中心に、指導者としての検査室の運営に関する改善計画策定などマネージメント、また、トレーニング法・教授法・精度保証なども含め講義、実習やグループ討議、発表を行ないます。研修員は研修のまとめとして彼らが抱えている問題点を分析しそれを解決するために、コースで学んだことをベースに帰国後1年間で行う活動計画を作成し、その目標を達成をできるように実施します。


   具体的な研究内容等については,結核研究所の研修案内のページをご参照ください。
   結核研究所のホームページはこちらからご覧になれます。
ページの先頭へ戻る
 
トップ 事業概要技術支援(研修・相談)事業