トップ 本部事業出版事業商品詳細
出版物のご案内

商品詳細

潜在性結核感染症-概念と診療のポイント-

財団法人結核予防会結核研究所所長 石川信克 監修
A5判/160頁(245g)

ISBN:978-4-87451-257-9 価格:\3,240(税込)

商品内容

1.潜在性結核感染症の治療の歴史と発展
(1)研究の開始と発展
(2)挫折
(3)再出発
(4)診断法の進歩
(5)LTBI治療の今後

2.感染症法におけるLTBIの取り扱い
(1)感染症法における結核に関する届出
(2)結核の届出基準
(3)LTBIの疾患概念
(4)届出の対象とする意義
(5)公費負担
(6)接触者健診
(7)登録及び活動性分類
(8)健康教育及び服薬支援
(9)経過観察及び登録削除

3.結核感染の診断
(1)日本における結核感染の現状
(2)感染診断検査の適応−感染を疑うとき
(3)ツ反検査
(4)クォンティフェロンTB(R)第二世代
(5)実際の診断方法

4.LTBIへの対応と治療
(1)対応の選択の原則
(2)対処法の選択
(3)LTBI治療の実際

5.発病ハイリスク者への治療適応
(1)重要性が増すハイリスク者対策

6.免疫抑制剤を使用する関節リウマチ患者における結核
(1)薬剤により高まる結核のリスク
(2)ステロイド薬による影響
(3)他の免疫抑制薬による影響
(4)生物学的製剤による影響
(5)国内報告事例
(6)予防投与の効果

7.HIV/AIDSにおける結核
(1)HIV感染症と結核
(2)HIV感染者における結核発病リスク
(3)HIV感染者におけるLTBIの診断
(4)HIV感染者におけるLTBIの治療と効果
(5)今後の対応

資料
感染症法、施行規則、厚生労働省通知、その他

ページの先頭へ
トップ 本部事業出版事業商品詳細